フロアコーティングやリフォームで見違える~NEW空間に驚き~

decoration

計画を立てる

interior decoration

リフォームを契機にオール電化を導入するケースが増えています。家電量販店などが安く提供することが増えていることが背景にありますが、そのリフォーム費用を抑えながらも効率よくオール電化を活用できるプランが提案されていることも理由となります。あくまでもランニングコストをどれほど抑えることができるかがポイントとなるので、単に住宅設備を電気製品に変えるだけでは意味が無いわけです。例えばどのように安い電力プランを活用するのか、深夜電力をどのように使用すれば良いのかなどの提案がこらからさらに充実してくると見られています。それに伴う形で有効に使用できる家電製品や設備を、リフォームとともに選択できるようになってくるわけです。

リフォームにおいてオール電化を導入する際には、その運用に関するプランもしっかりと練っておくことが必要となります。例えば太陽光発電パネルを一緒に設置するのであれば、それによってどれほどの節約が望めるのか、設置費用をどれほどの期間で回収できるのかなどを綿密にシミュレーションすることが大切です。また、深夜電力を活用するにあたっても、実際にどの設備でどれほど使用できるのかを検証することも大切です。お湯を沸かしておいて日中使用するにおいても、どのくらいの容量のタンクが必要となるのかを、生活サイクルを検証して決めることが必要です。そのためには、リフォームの設計とともに電力計算も行い、オール電化による使用する設備の選択も決めていくことが大切です。